長崎県、2025年にIR開業の方針。年内に実施方針決定の予定。 | カジノワールド | カジノワールド

長崎県、2025年にIR開業の方針。年内に実施方針決定の予定。 | カジノワールド | カジノワールド

長崎県は6日、誘致を目指す統合型リゾート(IR)の開業について、2025年度の開業を予定していることを明らかにしました。 2021年度中に区域認定された場合d、今後のスケジュール次第で変更となる場合もあります。 今年中に実施方針を策定し、事業者の選定に進むということです。

続きを読む

長崎空港を整備する計画。IR誘致に向けてインフラ強化。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を目指す長崎県は、長崎空港の老地区化した設備を整備する方針を明らかにしました。 整備を行うのは、空港に付設する高速船の海上ターミナルです。 現在はハウステンボス行きのフェリーが運航しています。 今回の計画では、まず5年程度で浮桟橋1基と防波堤を新設し、空港旅客ターミナルビルからの内外連絡通路を改修。 その後、新たなターミナル用地として6千平方メートルの埋め立て工事をする

続きを読む

長崎IRコンセプト募集、最終的に5社が応募。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を目指す長崎県で、IRのコンセプト募集に応募した事業者が最終的に5事業者となったことが明らかになりました。 どんな事業者が応募した? 今回、コンセプト募集に応募した事業者は5事業者でした。 5社の内訳は、 オシドリインターナショナル、カジノオーストリア、カレントです。 これらの事業者のほかに、2社が名前非公表で応募しているということでした。 長崎のI誘致、今後の流れ 今

続きを読む

【長崎】カレント、IRの事業コンセプトに応募【2019/11/4のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

海外で統合型リゾート(IR)の運営などに携わり、本社を長崎市に置くカレントが、長崎県が募集するIRのコンセプト案に応募する考えを明かしました。 カレントは、香港などの投資会社と資本提携し、マカオやフィリピン、米ラスベガスでIR事業を手掛けている企業。 「オランダの素晴らしい景観を生かしつつ、長崎の歴史を感じさせるIRを提案したい」と代表の鈴木氏はコメントしています。

続きを読む

【長崎】ハウステンボス内の土地、205億円で売却。【2019/9/13のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を目指す長崎県佐世保市で、誘致候補地となるハウステンボス内の土地や建物について、205億円で売却する方針であることが分かりました。 誘致に成功した場合、売却する内容となっています。 佐世保市とハウステンボスは、既に売却について基本合意しており、具体的な金額について不動産評価額の鑑定をこれ前勧めていました。 尚、誘致に成功した場合は候補地の売買権を市が取得し、これを決定し

続きを読む

【長崎】参入を目指す事業者らの顔ぶれ【2019/8/4のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の有力候補地であり、誘致をすでに表明している長崎県・佐世保市での計画について、参入に関心を示している事業者らの名前と実績等についてご紹介します。 アゴーラホスピタリティグループ 本拠地:オーストラリア 欧州を中心に事業展開する企業。 日本でも九州を含む各地域でレストランやホテルを展開しているため、地元貢献という部分で優位性があります。 ナガコープ 本拠地:カンボジア 東南アジ

続きを読む