ラスベガスサンズ幹部、横浜に注力。東京は現状厳しいとの見方。 | カジノワールド | カジノワールド

IR運営の最大手ラスベガスサンズ(米)の幹部が取材に対し、横浜進出へ意欲を見せるとともに、東京の誘致は現状厳しいだろうという見方を示しました。 カジノのプロによる解説 ラスベガスサンズはアメリカ・ラスベガスに本社を置く、IR運営事業者です。 アメリカをはじめとして、マカオやシンガポールで、IR・カジノを運営しており、特にシンガポールのマリーナベイサンズについては、日本型IRのモデルとして高い評価を

続きを読む

東京都のIR・カジノ誘致発表はいつ?都知事選以降の可能性が大との見方。 | カジノワールド | カジノワールド

東京都の統合型リゾート(IR)の誘致はいつになるのでしょうか? カジノがいつ誕生するのか気になる方も多いかと思いますが、まずは誘致からです。 今回は、そんな東京都が誘致を発表する時期について報道があったので、解説していきたいと思います。 カジノ誘致の発表はいつ? IR誘致については大阪府・市などは早くから誘致を明言していて、これまでに 横浜市 大阪府・市 和歌山県 長崎県・佐世保市 らが誘致を発表

続きを読む

ウィンリゾーツ大阪進出撤退、関東へ注力【2019/10/15のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

大手カジノ運営事業者のウィンリゾーツ(米)は、日本での統合型リゾート(IR)に関して、大阪を撤退し、関東地域に注力する方針を明確にしました。 担当者は「ウィン・リゾーツはこれまで大阪と何ヶ月も建設に対話させていただいたことと丁寧にもてなされたことに感謝している。大阪での統合型リゾートを目指さない方針を決めているが、大阪の更なるご活用を祈っている。現在、ウィン・リゾーツは関東地方に注力している」とコ

続きを読む

【東京】IR誘致に関する内部資料が公開。青海地区が有力【2019/9/7のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

東京都が臨海副都心の江東区青海地区を有力候補地として、統合型リゾート(IR)の誘致を検討していることが明らかになりました。 日本共産党都議会議員団が、都に情報開示請求し東京都の内部文書74点を入手、分析し、公表しました。 今のところ東京都はIR誘致の是非について公表していませんが、資料には候補地のほかに、シンガポールのIR「マリーナ・ベイ・サンズ」が先行事例として近い形態、誘致が決定した場合の開業

続きを読む

ラスベガス・サンズが大阪進出撤回。東京・横浜に注力。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の運営大手である「ラスベガス・サンズ」(米)が、これまで日本型IRについて大阪で参入する方針を表明していましたが、今後は東京都・横浜市への進出に注力する方針を明かしました。 カジノのプロによる解説 これまで大阪府・市での進出を目指していたIR運営最大手のラスベガス・サンズ(米)。 ところが、ここへ来て一転、東京都・横浜市への進出に切り替えました。 大阪への進出にあたっては、知

続きを読む

東京都のIR候補地は築地でなく、臨海副都心の青海地区。 | カジノワールド | カジノワールド

3月29日、都市整備局は、「築地まちづくり方針」を決定したと発表しました。 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致について現在検討を進める東京都ですが、候補地の1つとされていた築地について、 「都においては、カジノについては、様々な課題を検討する必要があると考えており、築地まちづくりにおいて、カジノは想定しておらず、築地まちづくり方針に盛り込んでいません」 と、パブリックコメントに回答する形で築

続きを読む