【大阪】万博前開業目指し、事業者への用地提供早める。【2019/10/28のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

大阪府・市は、誘致を目指す統合型リゾート(IR)の用地提供について、今後決定する事業者への引き渡し時期を計画の2022年4月以降より半年程度、前倒しする方針であることを明らかにしました。 大阪府・市は2025年の万博前までにIRの開業を目指しており、スケジュールを前倒ししてでも間に合わせたい考えです。 事業者の選定については今年12月から始めると見られています。

続きを読む

【大阪】MGMとギャラクシーが参入へアピール。【2019/10/8のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の参入を目指し、MGMリゾーツ(米)とギャラクシーエンターテインメント(香港)が7日大佐kで開かれたシンポジウムに参加。 それぞれの戦略について、MGMは大阪ファーストを、ギャラクシーは中国人客の誘致についてアピールしました。 大阪でのIR参入についてはゲンティン(シンガポール)がこのほか参入を表明しています。

続きを読む

【大阪】事業者公募は最終的に3社が応募【2019/9/19のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪府がこれまで募集していたIRのコンセプト案について、18日の期限までに3社の応募があったことが分かりました。 関係者によると、3社はそれぞれ ・MGM(米)とオリックス(日本)のコンソーシアム ・ゲンティンシンガポール(シンガポール) ・ギャラクシーエンターテインメント(香港) 今回のコンセプト募集に関しては直接的には事業者の選定には影響しないとしながらも、

続きを読む

【大阪】MGM会長、万博前開業は可能と強調【2019/8/13のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

大阪府でオリックスグループと共同で統合型リゾート(IR)への参入を目指すMGMリゾーツ・インターナショナルのムーレン会長がジャパンタイムス紙のインタビューに回答。 懸念されているIRの開業時期について、「万博前の開業は可能である」とコメントしました。 そのうえで、「建築家、都市計画者、ゼネコンの能力に疑問はない。2025年3月オープンに間に合うには認可プロセスが最も大きな問題だ」として事業者の選定

続きを読む

【大阪】G20開幕を受け、IR誘致へ手応え。【2019/7/1のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

大阪府でG20サミットが開幕したことを受け、松井大阪市長と吉村知事は30日、それぞれ記者会見を開きました。 両者ともに、大きな規模の国際会議を開催できたことへの自信をコメント。 そしてG20の成功と、誘致を目指す統合型リゾート(IR)について、 「世界のMICEと肩を並べられるようなハード整備をやっていきたい」として、一層誘致への意欲を見せました。

続きを読む

「大阪MICEアカデミー」が設立。IR見据えて。【2019/6/16のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

大阪で、大阪観光局など18企業・団体が「大阪MICEアカデミー」を設立しました。 将来的にIRで重要なポイントとなるMICE施設にかかわる人材の育成やネットワークの構築が目的。 各企業・団体から選抜した約50人を対象とし、勉強会やワークショップを行っていきます。 MICE施設は、「Meeting」(会議・研修)、「Incentive tour」(報奨・招待旅行)、「Convention」、または「

続きを読む